何がしたいの? 銭闘工兵

どんな難問も、適切に設定できれば

肩こりが、ほぼ治ったので、その備忘録。

まず、いつから肩こりに悩まされるようになかったかというと、仕事を始めてからだ。年を取るにつれ、どんどんひどくなった。

肩が凝り、そこから、首、最後に頭と 凝りがひどくて仕事にならなくなったので、仕方なく、それまで一度もマッサージなんて行ったことがなかったのだが、母が通っていたところにいくことにした。

 

最初の1回目に通常の倍の時間揉んでもらったおかげで、その後の2~3日はの、とても背中が痛かったのだが、それを過ぎると、とても肩が軽くなり、快適になった。

 

それから、毎週通った結果、5年でほぼ肩こりが治すことに成功。

 

わかったこと というか自分なりの推測も含めたものを書いておく。

 

肩の筋肉は解剖図も見てのとおり、いろんな筋肉が浅い所から、深い所まで脇から首から 胸からから背中から、いろんなところについていて、自分でそのすべてを伸ばすことはできない。 長年ヨガとかしてれば別だけど。

 

凝って気持ちが悪いと自分が思う部分は、一番こっているところがほぐれると、他の凝っている部分が気になるようになり、そこの凝りがほぐれると 次が 次がほぐれると、また、その次が という具合にどんどん移動しているように感じる。

初めは、左右の肩甲骨 前の左右の胸

次に 左右の肩甲骨の奥

そのつぎに首

ついで 左右の脇の周辺

最後に現時点で 左右の脇

 

この中で一番印象的だったのは、一番最初に気持ちの悪い所が移動することがわかった肩甲骨の奥が気持ち悪かったとき。

肩甲骨の周辺を1年くらい揉んでもらっていると、どんどんほぐれるのはいいけれど、肩甲骨の奥の何とも言えない気持ち悪さが浮かび上がるようになった。そのため全然効果を感じられず、通うのをやめようか と思っていた。

 そう思いながらも、通い続けていたのだけれど、そんな時、なにかの拍子に左の脇を、目から涙がこぼれるくらいに思いっきり押されると なんと左の肩甲骨の奥の緊張が取れて、とてもすっきりした。

それで、右の脇も同様に思いっきり押してもらうと 右の肩甲骨の奥もすっきりした。

でも、しばらくすると、また肩甲骨の奥が気持ち悪くなり、あとは、それの繰り返し。

 

しばらく通って脇を押してもらい続ける事、1年以上。

とうとう気持ち悪くなることがなくなった。

 

そうなると今度は首の両サイドが張っていることが気持ち悪く感じるようになり、

さらに肩と脇の周辺をもんでもらう事、1年以上。今度は首筋のハリもとれた。

 

そうなると今度は 脇の下の周辺が気持ち悪く感じるようになり、現在半年以揉んでもらいっている最中。だいぶ脇の筋肉を触っても痛くなくなってきた。今は触っていたいのは、左の脇の背中側のところと脇の奥だけ。

 

また、脇が気持ち悪くなくなれば、また別のところが気持ち悪くなってくるのかもしれないが、まぁ、だいたい肩こりの治療しては、ほぼ終了だと思う。

 

まとめると

 ①上半身全体をもむこと。脇をもんだと書いたが、肩周辺全て揉んだうえで、さらに脇を集中してもんでもらったということ。

②機械で揉むとどうしても、同じ場所しかもまないので、揉み返しもひどくなりがちなのでが注意が必要。でも機械も出来る限り併用した方が早く治ると思う。人の手で揉んだ後に、一押しするとすこしすっきりするし、お金も節約できる。

③一回揉んだぐらいでは治らない。前屈で体を柔らかくする期間くらいかかると思う。数をこなすことが重要。

④利いてないように感じられるけど、触られて痛いところがあるうちは、治ってない。自分の場合、肩甲骨の奥のこりは結局脇の筋肉のコリからきていた。いろんなところをもんでもらって楽になるところを見つける必要がある。

⑤揉んでいる人は、全能の神ではない。体の中を隅々までわかっているわけではないので、そこ違う と思うときもよくあるが許せ。当然揉みすぎで揉み返しもよくある。

ある程度話をして根気よくコリのもとを探してもらうしかない。文字通り手探りで。

最初から 脇をしっかり揉んでもらえば、もっと早く治ったのでは と思うけど、よくよく考えると、涙がでるくらい痛いのをこらえて、脇をもんでも文句を言わない程度信頼関係ができて初めて触ってもらえうことが出来る場所なので、一番最初からはたぶん無理である。ずっと同じ人に担当してもらい、自分が相手を信用し、信頼する時間が必要がある。

ちなみに自分が通っていたのは個人経営のところで1人しかいないのでずっと同じ人。

⑤触られるまで、痛いことに自分では気が付かないので注意。

これは、自分でもとても不思議だけど、人に触られてようやく気が付くことが多い。

ずっと気持ちが悪いと脳が負担になるから遮断しているのかな?。

⑥気持ちの悪い所は移動すること。というか、一番気持ち悪いところのせいで、他に凝っていても認識できないみたいだ。

⑦お金だが、週に1回通ったので、年に52回×4200円×5年=約100万ぐらいかかった。

 

今回は、お金の力と毎週通うという労力をかけて、長年の肩こりをねじ伏せた という感じ。

 

お金と暇のある人専用だけど、それだけの価値がある と思う。

肩こりから解放されると とても楽。

 

 

テキストの音読 と スピード

目を使わないで 本が読めるということで、オーディオブックを聞き始めたのだけれど、現在audiobook.jp と audible とgoogle play booksの3種類のオーディオブックを万遍なく利用している。(3つ利用しているのは、読みたい本が分散しているから)

 

最初は、倍率1~1.5倍くらいで聞いていたものが、1ヶ月たった現在、2~2.5倍で聞けるように。

 

耳慣れしたということでしょうか?

 

視覚障害者の人は3倍から4倍でも大丈夫らしい というのを聞いたので、そのうち自分もそうなればいいな。

 

ただ、オーディオブックは高いので、普通のテキストを音読してくれるソフトがあるととてもうれしいのだけれど、今のところ、これ!といったものが見つかっていない。なにか、いい方法がないか 探し中。

 

 

 

オーディオブック と ヘッドフォン

以前 Amazonで広告に出ていたaudibleの広告をみて、オーディオブックのことを知った。オーディオブックって何? という興味から、登録して 一冊聞いてみた。

 

タブレットで再生した音がいまいち聞き取れなかったので、本の内容が頭に入らなかった。

その時は、これでは無理だな という感想だった。

 

その後に、会社の難聴の人の為に、骨伝導のヘッドフォンの事を調べたことがあった。

骨伝導の事を調べたのは、自転車にのったときに音楽を聴くのに、耳を防がなくて済むからだ。そのときに骨伝導のBoCo  earsopen ワイヤレスBluetoothモデル BT-3 CL-1001 を買ってみた。それなりに音がいいのだけれど、ただ、自転車で音楽を聞くのって、そんなに多くない というか ほとんど使用する機会がない。だから、あまり満足感がなかった。

 

でも、先週、目があまりに疲れたことから、本が読めないことがあった。

それで、オーディオブックに再挑戦することにした。ただ今度はBT-3 CL-1001を使用してみたら、これで音がすごく聞き取りやすく、オーディオブックがようやく集中して聞けるように。

 

オーディオブックとBT-3 CL-1001の相性がよくて、両方にとても満足。

別々の意図で、買ったものが組合せで満足できたことが不思議。

 

 

 

ミスミ と セット売り

たまに、仕事で使うものをネットで注文する。

Amazonとかヤフーとか楽天とかモノタロウとか 他にもいろいろあるけれど、色々比較して、値段の安い所をつかっている。

 

それで、たまにミスミが安いので、注文することがあるんだけれど、

jp.misumi-ec.com

 

この間、ノコの刃を比較して ミスミの方が安いので注文しかかったところで、気が付いたことがある。

ノコの刃の本数が、ミスミでは、メーカーのセット枚数が違っていることに。  

メーカーは 20枚1組なのに ミスミは 10枚1組 

最初なんだこれは? という感じだった。

どっちがあっているのか わからなくて ミスミに問い合わせたら、

お求めやすいように、メーカー販売20枚セットのところ、ミスミで10枚セットにしてます、という返事があった。

 

名称とか型番や、使っている画像全て一緒で、なんで枚数だけ変えるかな????

そりゃ、合計金額がほかのところと比べると安いはずだ。

 

せめて枚数が違いますと ご注意ください とか 画像のところにでもあればいいけど、届いてからすごく損した気分になるのがわからないのか?

 

今回は、注文する前に気が付いたからいいけど、ミスミ信用ならねぇ というのが正直な感想。

 

 

 

 

 

 

 

 

1日単位の仕事と時給

職人の仕事は、だいたい1日いくら。

交通に時間がかかっても、現場についてからなので 渋滞に巻き込まれても、巻込まれなくても同じ賃金。

 

法律は、時給の考え方。

 

職人の仕事は、高プロ に近いと思う。

 

時給だと 仕事を、最速最短でやると、トータルの給料が減る

だらだらした方が儲かるという矛盾。

 

質が高いのは 最速最短のほうなのにね。

 

でも1日単位もない仕事 例えば、途中から忙しいところの手伝いとか、もあるわけで、それは時給にしてあげないと、どうかな とも思う。

 

最速最短の方が給料が高いようにするのってどうすればいいんですかね?

受取にしても物量があれば、それでいいんだろうけど、無い場合はどうしたら?

 

 

給料の払い方が、早くやるというモチベーションや、仕事の質も左右するので、その辺りをどうするか、すごくもやもやしている。

 

結局、別に日本型の雇用が悪いとは思わないけれど、その特徴が 悪い方向にでてるとそうなるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

朝起きて、Google Homeに 『今日の予定は?』と尋ねると『今日の予定は、燃えるゴミの日です』みたいに 答えてほしい。

ごみの収集日の予定の紙を冷蔵庫の前に貼っている

 

それでも、出し損ねることがよくある。

4週間に1回とかだと、下手すると捨てるのに 2~3か月かかることも。

 

で、53カレに登録しているんだけど、メールでしか知らせてくれない。

メール届く→スマホ見る→タップする→今日が何のごみの日か知る という流れ。

 

これを

Google Homeで カレンダーの予定を読み上げれるようにしたい。

 

朝起きて、Google Homeに 『今日の予定は?』と尋ねると『今日の予定は、燃えるゴミの日です』みたいに 答えてほしい。

 

そこで調べてみた。

Google Calender には、Gmailから予定を自動的に登録する機能があることはわかった。

 

だけど、53カレに gmailメインアカウントを登録するのが、迷惑メールに流れる恐れがあるので、それが嫌だ。

 

なにかいい方法ないものか思案中な今日この頃でした。

追記 2018/6/16

登録用仮メールを登録し、それをサーバーの方で分けて gmailの方にも送るようにし、iftttでカレンダーに登録するように設定したが、残念ながら エラーが出て、カレンダーには登録できなかった。

なにが悪いんだろう・・・・これも宿題ですね。

 

 

ダイソーの仕切インデックス 10山2穴 2組100円がコスパ最強

題がすべてだけど、

各地のダイソーによると定期的に仕入れているものがある。

 

書類整理で 山ほど必要になる A4仕切りインデックス。

でも だいたい1店舗当たり 何冊ほどしかないんだよなぁ。

 

ダイソーから100セットとか ネット販売してくれないか と思う今日この頃。