何がしたいの? 銭闘工兵

どんな難問も、適切に設定できれば

エクセルと書類と環境

エクセルで書類をつくっている。

成績書みたいなやつ。

で、ブランクフォームを客先から見せてくれと言われたので見せたら、

字が変なところで、きれていて、ダメ出しを受ける。

それで、やり直して再提出した。

 

もし、ビル・ゲイツが誰かに暗殺されるとしたら、

きっとその犯人は、エクセルで書類をつくるたびに、パソコンの画面通りに印刷物ができないせいで、再引接を余儀なくされている環境活動家に違いない。

すごい紙とインクと時間の無駄。

 

毎回毎回エクセルで書類をつくるたびに、パソコンの画面通り印刷できないためにやり直しをしている今日この頃でした。

 

いいかげん なんとかしろ ビル・ゲイツ

 

 

宝くじとメール

宝くじを年末に買っていた。

会社に みずほ銀行の銀行員が毎年きていたからだ。

 

わざわざ買いにいくのも面倒なので、普段はまったっく買っていなかった。

 

で、宝くじのサイトが出来ていて自動で購入可能になったと聞いたので買ってみている。

 

ただし300円のみ。

買うののはロト7。毎週金曜日に購入。翌日結果発表という感じ。

 

1年続けた結果、結構あたる。

 

それはそうか 最低のところの当たりは確率的には10回に1回に設定されているようなので、365日÷7で52回程度だと年に5回は当たる計算になる。

 

2022年もきっちり5回当たっていた。6等1000円×5回=5000円

支出は 52回×300円なので 収支は 15600円-5000円=10600円 ってことになる。

 

ちょっとした楽しみではあるんだけど、若干微妙だと思っているのは、結果発表がしょぼいことだ。

 

YAHOOのクーポンとかの方がよっぽど演出がこっているんだけど。

 

以前ネットでBIGを試しに購入した時に 当選しましたメールが来て、おぉー ってテンションがものすごく上がったけど、それくらいの工夫がほしいかな。

 

まぁ、結果は1000円だったけど。なんだかすごく楽しめたので。

 

どうせやるなら演出とかにもっと力を入れてくらたらなぁ と思う今日この頃でした。

 

利上げと景気と中小企業

うちの会社は中小企業の中の小企業である。

それだけに景気の波にものすごく左右される。

 

で、今回のFRP議長のインフレが抑制されるまでは利上げする宣言に、興味津々であった。

 

これで景気が悪くなる方向に進むことが決定的に。

あとは、どの程度影響があるか? ということを、客先の反応をみて、どこの仕事をとるか ということが問題になってくる。

 

って、いつも思うのだけれど、なんでこんなことを考えているんだろう?

小さい会社なんだよ。世界規模の会社でもあるまいし、なんでこんなに真剣に考えているのか?

 

自分は、新聞は小学生の頃から普通に読んでるから、今でも新聞を取っていて、まったく苦にはならないんだけど、これ中小企業の人材には、ハードル高すぎない?

 

他の中小企業は、こんなこと考えてるのか?

 

うちの昼休みとか、みなが読んでいるのは、スポーツ新聞ぐらいがいいとことで、ジャイアンツが~ とか 阪神が~ とか ワールドカップが~ とかオリンピックで~とか そんな話題しか聞いたことないんだけど。

 

そんなことを新聞を読みながら、考える今日この頃でした。

 

 

 

 

 

 

 

虫と子供と恐怖心

会社の事務員さんが 事務所で虫を見かけるたびに叫んでいた

はっきりいって虫そのものよりも、この叫び声の方が心臓に悪い。

 

自分は、子供の頃、さんざん虫をいじくりまわしていたおかげか、虫に対する恐怖心はほぼない。まぁ毛虫とかは、中学生にもなると気持ち悪いと思うようになったけど、小学生の頃は全然問題なかった。

蜂とかも、刺されると痛いな だから危ない とは思うけど、あまり怖いという感情はない。

カマキリとか見ると、どちらかというと、ワクワクするしな。

 

子供の頃に、どれだけ虫に触れていたかどうかで、虫に対する恐怖心が違うんだろう。

 

恐怖心は『知らない ということで 最悪の想像をすることによって生まれる』ってことなんだろうけど、久しぶりに、カマキリを見つけて、子供の頃を思い出す今日この頃でした。 

振込と期間と手数料

クレジットカード引き落とし専用の口座を作っている。

 

で、毎月自動で振り込みするわけだけど、今までは無料だったけど 最近毎月手数料を取られるようになった。

 

でも、それって結構いやらしい。

 

利子とかつかないんだから、それくらい無料でしょ とか思っていた。

 

一年分購入した分くらいの貯金はあるのだから、なんなら一年毎に振り込めないものか、と思ったけど、一年毎とか 半年ごととか、何なら2~3カ月ごととかは存在しないんだよな。

 

結局、無料手数料枠を増やすため、ランクアップするしかないのかな と思う今日この頃でした。

 

ランクアップのための条件が結構面倒なんだよな

 

 

祖父と宗教と母親

大分前になくなった祖父は山口県出身だった。

大昔、山口出身の祖父が県外にでて、仕事をする上で応援してくれたのが、現在の安倍事務所である。

 

だから祖父は安倍晋太郎さんの代よりも前から、ずっと応援していていた。

 

安倍晋三さんが、晋太郎さんが叶わなかった首相にまでなったとき、それはもう大変なよろこびようだった。

 

そんなこんで、我が家は、ずーーーーーーーーーっと昔から現在の安倍家一筋なのである。

 

ただ、今回の件で、亡くなったわけで、大変残念なのだが、あまり犯人を恨む気になれない。

 

自分の母親も、宗教にどっぷりつかっているためか、まぁ、しょうがないか という気持ちが強い。

 

自分は、宗教自体は、特に好きでもなければ、嫌いでもない。

神というものは、人間がつくった、『やりきれない気持ちの受け皿』 という認識だ。

この世は、自分の力だけでは、どうにもできないことが多すぎて、自分の責任だと思うとやりきれないことが多いからな。

やりきれない気持ちを抱えたまま、生きていくのはつらいから、その受け皿としての宗教は、いいと思っている。

人類の知恵の結晶だよね。

上手くできていると思う。

キリストやモハメッドやら、ブッタとか、こういう仕組みを考えたやつは、すごいと思う。

 

ただ、このどっぷりと宗教につかっている母親を相手にするのが、死ぬほど面倒くさいんだよな。

母親の信じている神を 自分が信じるかどうかなんて、自分の勝手だと思っているのだが、母親からすれば、自分がいいと思うものをお勧めしているだけ ということらしい。

 

何十年も毎回毎回顔を合わせるたびに何かの話がでるたびに、うっとしい説教を聞くと、いい加減殺意がわいてくるよ。

 

ほんとうに馬鹿馬鹿しい。

 

だからだろうな、犯人に同情している自分がいる。

あぁせざるを得なかったんだろうな と思う自分がいる。

 

犯人は 気分を切り替えて、母親を見限って生きていけばいいじゃない とか言っている人がいるけど、両親が原因のやりきれない気持ちを、母親のせいで宗教に頼るという選択肢を奪われて、生きていくのは、とても大変で、つらいんじゃないかな。

 

ほんとにやりきれないなぁ と思う今日この頃でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

気分と判断と労力

過去最高の 株の売却益を 得た。

前に落ち込んでいるときにした取引では、過去最大の損失をだした。

 

こんなにも気分によって、自分の判断に影響でるとは・・・。

 

投資というより、投機に近い値動きをする会社の株で、まさに ザ、じゃじゃ馬 という感じで ものすごく上下の値動きが激しいんだよな。まぁ、その分チャンスもあるんだけれど。

 

この世の中で 一番無駄だと思うのは 心配することだ思っている。

だから、心配は、『知らない』 ということから、始まっていると思うので 株で心配しないように、かなり勉強したけど、コロナ禍とか、ウクライナ侵攻とか、中国恒大集団の経営破綻とかリーマンショックとか、火山が火を噴いたとか、全部が全部、わかっているわけではないので、結構神経を使うよ。

 

よくわかっている銘柄しか、相手にしないとか、あらかじめ、こうなったら と予想しておくことも、精神的な余裕を生むということもわかった。

 

時間と労力をかけて、この程度の利益だと、人によってはしない方がまし というのもうなずける。

 

ただ、自分の場合は、そうもいってられないんだよな、給料を貯めているだけでは、おそらく絶対に手が届かない金額が将来必要になるはずだから。

 

いろいろ試行錯誤して今回はプラスに終わったので、次回もプラスになるように頑張ろうと思う今日この頃でした。